1996年のピンボール。

NOHALAのギタボ。RAYのブログ。

多分俺メンヘラ

ああ分からなくなった。論理的思考は昔からてんでダメだ。
やりたいこと。やりたくないこと。
すんなりと言えないんだよ。
全てのことが鎖のようにつながってて。
これは本当はやりたくないけど
これのためにこれがこうで、、
だからやる。
みたいに
俺らは雁字搦めなのか。
まあ世界を旅したいとか。
早く売れて音楽漬けの生活になるとか。
小説を書いて印税ゲットだ!とか。
夢みたいなもんは多分同世代のやつと比べて
性懲りも無くたくさんあるもんだ。
素敵だろ?


でも。そんな生活が実現しても続いてくものなのかな?とか。そんなわがまままかり通っちゃったら俺自分を保てるのかな?とか。
鎖が切れたらどうなるんだろう。とか。
幸せになりたいんじゃなくて。
満足したいんじゃなくて。
知らないことを出来る限り知りたい。


だから最近は死について考えることもある。
そりゃあ死ぬまで分からないもんだからな。
客観的に死んだ人をみて。
死んでるなこいつ、、ってのは流石にわかる。
でも主観的には死んだらもう無なんだろうし。
境目が無いんだよな。
んで、色々とめんどくさくなると。
ここらで死んでももう色々悩まなくて済むし
楽に逝ければむしろアリなんじゃないかって。
でも境目が無いんだよな。
俺あと1分で死ぬ。とか10秒カウントダウンとか。


とか考えてたら、泥酔して道に迷ったベトナム人が話しかけてきたから、そいつの家の方面まで連れてってやった。裸足で歩いてて。手には焼きそば持ってた。訳わからないこといっぱい喋ってきた。要するにビールをたくさん飲んだってことは伝わった。


なんかの回し者か?
とにかくすっきりした。
俺は理屈で動けない人間なんだから。
直観原理主義。赤子のように社会を渡る訳だ。
これからもずっと。
自由と規律。それが俺のモットー。

帰ってこないヒーロー

RAYです。

先週日曜に公開しましたhttps://youtu.be/uQadPbB1Skk「青春ドランカー」の歌詞をこの場で公開したいと思います。

 

I'll be there!!

スタートを切ったが

手付かず、埃まみれたアンサー

誰一人守れやしなかった。


でもな。

足りねえ頭。並んだ理想論や

クソみたいなバイアスにも

すがるような眼はしてないぜ


たとえ3分間。儚くも揺らいでも

あと一歩。踏み込んで。ぶち抜く今日

For your raison d'être!!!


We're all alone

But life goes on

Just hear me out i'll be there for you

There's no future

We've got no answers

But just hear me out i'll keep fighting like you

 


俺らは皆孤独で
それでも人生は続く
聞いてくれ。
俺は君のところへ行くよ。

ノーフューチャーで
俺らに答えもない。
でも聞いてくれ。
俺はお前のように闘い続ける。


帰って来ないヒーローは

夜空の向こうを飛んでいる。

君の胸でも生きている

だからあいつの夢も

決して忘れるんじゃねえぞ

 

青春ドランカーって言葉は、僕の大好きな洋楽レビューサイト。ローリングサンダーレビュー(今は残念ながら閉鎖されてしまいました。)ロリング君 on Twitter: "【重要なお知らせ】突然のことで申し訳ありませんが、当サイトは1月末日を持って閉鎖することとなりました。同時にザ・ローリングサンダーレビュー編集部は解散いたします。 もう何年やってきたかわかりませんが、長い間続けてこられたのも読者の皆様のおかげです。本当にありがとうございました!!"にて、大好きなバンドThe Get Up Kidsのレビューの表題に使われていた言葉です。今はNOHALAのキャッチコピーとして使わせて頂いています。

 

恐らく、ボクシング用語のパンチドランカー(パンチを脳天に食らい過ぎることが原因で、手先が震えてしまったりボケたような症状が出てしまうこと)から派生した造語であり、あしたのジョーの矢吹ジョーは燃え尽きるまでの間、症状に苦しみながらも闘い続けました。

 

「ほんの瞬間にせよ
まぶしいほど真っ赤に燃え上がるんだ

そして
後には真っ白な灰だけが残る

燃えかすなんか残りやしない

真っ白な灰だけだ…」

 

ジョーにとっての「青春」

 

矢吹ジョー

カートコバーン

シドビシャス

もっともっといる。

みんな

僕の大好きな帰ってこないヒーローたち。

大学時代画家の教授と話したことを思い出す。

何故画家にしろ作家にしろ、ミュージシャンにしろ。死を選ぶ者がいるのか。

「そうだね。帰ってこない、帰る気のない人っているんですよ。この世の中には。」

 

なるほど。

僕は自分の人生を終わらせたいとは思わない。

でも、本心から憧れ続けている。

 

僕にできることは、曲がりなりにもそいつらの夢を握り続けることだ。

帰り分の運賃も一緒にね。

おそらく青春は今も身体を蝕み続けている。

ありもしない幻想を追いかけ続けている。

それで結構。

やると決めたらそれが俺のリングだ。

 

1人でも多くの人に聴いてもらいたい曲です。

5/24には配信リリースが開始されるので宜しくお願いします。

一流ってなんだろう?

一流ってなんだろう?


友川カズキのドキュメンタリー
個人経営の喫茶店
かたや
実写版アラジン
マニュアルが徹底されている飲食店

 

僕はどっちにも感動する。

 

僕はというとどっちでもなりきれてない。
でも答えを出すつもりはない。
自分だけの居場所を探している。

今日はそんな話です。
掴みで気になってくれた方は是非読み進めて下さい。

こんばんは。RAYです。
ステイホーム決め込んでるGWです。
家でギターを弾いて、PUBGを1年くらいぶりにプレイして時間を溶かすようにこの3日間過ごしました。
そうでもしないと耐えられないくらいの連休。
気が塞ぐけど、さらに追い討ちをかけるような映画を観ました。
いい意味で。。笑

f:id:RAY_NOHALA:20200505203248j:plain

友川カズキドキュメンタリー映画「どこへ出しても恥ずかしい人」

www.temporary-cinema.jp

仮設の映画館にて限定ストリーミング公開中です。

ちゃんと映画館で観ようとは思いつつも、観そびれていたので大変助かりました。。

所謂TOHOなどの大手映画館では決して出回らない代物です。

 

友川カズキはフォークシンガーであり、画家であり、ギャンブル狂い。

実の息子に「俺と全然似てねえよ。母さんが浮気して作った子だと思ってるよ。」とか言ったり、競輪で大当たりした日にいきなり電話して電話越しに札束の音を聴かせて「すげえだろー。」って自慢したりもう本当にイかれている方です。(作中では明言されてないけど一人で住んでいるし、後は察しましょう。。)

 

「人間下には下がいる。」

「敷かれたレールなんて誰か観たことあるのか。バカタレが。」

「何かに酔ってなきゃ人間じゃねえ。」

「何かを断念しないと何かが突出していかない。」

 

名言満載でここまで来るともう逆に尊敬しかできない漢の姿を浴びる程観ることが出来ます。

そして劇中でも鬼気迫るライブを魅せてもらえます。

間違いなく一流の男だ。。

 

対照的に、ディズニー映画もなんとなく観ました。実写版アラジン。ジーニー役のウィルスミスがマジでドープです。超一流映画。

観終わってから3つのお願いをどうしようか僕も考えてみたんですけど、何もお願いしないのがベストだなという結論に至りました。

大体見ず知らずの魔人に自分の欲望をさらけ出すのってなんか癪だし、、笑

友川さんもきっとそう言うのかな。もしかしたら金かしてくれって言うかもしれないけど。

 

次は喫茶店について。

何かの模様の磨りガラス。薄暗い店内。有線のジャズ、はたまた古ぼけたテレビから流れるバラエティ番組。和式便所。ジェットタオルとか言うハイテク機器なんかじゃない。ロールタオル。(昔懐かしのこれね。)

f:id:RAY_NOHALA:20200505211043j:plain
愛想のないマスター。
提供ものんびり。味は最高。ご飯もリーズナブル。
野良猫がおこぼれを求め入ってくる。

f:id:RAY_NOHALA:20200505211242j:plain

僕はこんなお店が大好きです。

土地柄、大手チェーンのカフェがあまりないのと世間の影響からタバコを吸えるお店が個人経営のお店に限られてきた背景もあるのですが、、

 

僕はカップラーメンもユニクロのスキニーも大好き。
鳥貴族も最高。メガハイボールはまじで最高。

マクドナルドは今の情勢を受け、テイクアウト。デリバリーのみの営業を一部店舗で開始。

体力があるからこそ出来る社会貢献。諸論はありますでしょうが、そういう姿勢をトップの企業が示すことは単純に素晴らしいと思います。

 

スノッブ効果という言葉がこの世にはある。
レガシーを追い求めているのか。
それも違う。

僕は本物を追い求めている。自分なりに。

 

形は異なれど、それぞれの流儀がある。

勿論、弱肉強食の世界。

淘汰されるものもこの世には沢山ある。

でも僕は自分の流儀で表現を燃え尽きるまで続けたい。

だけど、同時に色々な人にも知ってもらいたい。

たまにキッカケになればと、カバー動画を上げるけど。本当に心を打たれた曲をカバーさせて頂いています。

ブログはなるべく書く。僕がどんな人間か知ってもらいやすい時代だから。

時代を見る。自分も見る。柳のような芯が持てれば多分僕に限らずみんなやっていける。

だから僕はこれからもブレずにブレていきます。

どうか宜しくお願いします。

 

友川カズキジーニーも。

権力とかそっち方面のお願いは良くないとか、上ばかり見るなって、よく考えたら同じこと言ってたなあ。

 

一流って規模とか関係なしにそういう心構えなのかなと思っています。

いやいやもっと大切な条件が一流にはあるよって思った方は是非ご意見頂戴したいです、、。

 

RAY

 

友川カズキ 先行一車

https://youtu.be/cSn3H58-4ng

 

煙ばかり観てる。

ご無沙汰です。RAYです。

昨日4/24は僕の誕生日でした。色んな方が祝ってくれてありがたい限りです。。

 

久しぶりの更新です。

もうほんとに最近は文を書いても消してやめて。また書いては消してやめての連続で、Twitterすらしんどくなるくらい何にもアウトプットが無かったのですが、、

f:id:RAY_NOHALA:20200425002108p:image

何とかひねり出せました、、!!

憎きコロナの影響で、リリース、リリース企画は延期となってしまいましたが、おかげさまでそのうちの1曲は5/17に皆さんの元に投下することが出来ます!EP予定だった今回のリリースもインスピレーションが爆発したので6曲入りのミニアルバムになりました!!

 

曲が丁度1年くらいまともに書けていなくて、それでも何とか捻り出したいイメージがあって。多分2年前の夏あたりから今までの記憶が。

去年はクソほどバタついたし、凄い消耗したなあって。僕だけでなく、周りの皆全員クタクタになっていたし、いがみ合うこともあった。イメージも形にならず仕舞いで。

その中で何とか、生活やバンドの基盤から建て直しを図り、再録ではあるけどEPも出して、お陰様で生きています。

 

でも、凄い人間として「無」になった気がして。何に対して歌っていいのかもよく分からなかった。でも、ライブとなると喉が擦り切れるくらい声を張り上げ、感情をぶつける僕がいて。何か脳の伝達物質をスイッチでコントロールしてるようなそんな感覚。一回何処かでそのモードの切り替えを覚えて、すぐに持ってくる感じ。

 

そういう今現在の頭の中のイメージをジャケットにデザインしました。

ちなみにマニックは日本語では「躁病の」という意味で、別に僕は精神的な疾患は何もないし。薬を飲んでもないしヤってもない。。(ガチで)

その2年前からの録り貯めたイメージを形にしていった結果。意味わかんない振り幅になったからマニック。

もう自分のキャラとかよく分からんし、ジャンルとか統合性とかそういうの取っ払ってやってます。

それを認めてくれるメンバーがいるから成り立っています。

 

3月に先行公開したCemeteryもその中の一曲。

https://youtu.be/YPZgTnGnIHs

この曲には何の答えもないですが、何も考えたくない時に聴いてほしいです。出来れば子供の頃に嗅いだ土の匂いとかイメージして。

 

f:id:RAY_NOHALA:20200425010906j:image

私事ではありますが、最近転居してこんな感じの海沿いの街で暮らしています。平常通り働いているので、海沿いの道を自転車で通勤しています。大きな煙突が周りに沢山あって、家のベランダ。職場、帰り道。ジョギングのコース至る所で僕は煙を眺めます。昔からタバコの煙も、冬の吐息も大好きでよく眺めています。じいちゃんを燃やした煙も鮮明に覚えています。

 

言葉で一羽の鷗を撃ち落とすことができるか 

言葉で沈む日を思いとどまらせることができるか 

言葉でバルセロナ行の旅客船を増発できるか 

言葉で人生がはじまったばかりの少女の薄い肩をつかむことができるか 


私は悲しくなると けむりを見ている

 

大好きな寺山修司の詩です。

煙はきっと見えなくなってもこの世界を巡り続けているし、(僕の街では煙が大きな雲を作っている。)僕の周りにいてくれる人がいる限り僕の創作は続きます。

どんな小さなことでも何かを及ぼすことのできる存在でいられるよう頑張ります。

次入る給料で、微力ながら大好きなライブハウスを支援させていただきます。

僕は煙に希望を託そうと思います。

寺山はどう考えていたのかは分かりませんが。

 

RAY

必殺技

そう。必殺技が必要だ。

ジャンプ漫画でも必殺技は欠かせない。スラダンは必殺技が無いのにめちゃくちゃ面白いから凄い。。

 

RAYです。

僕の武器は勿論、声です。はっきり言います。

あと、ギターはコードワークはめっちゃ個性的だよね、、ってひさくんがフォローしてくれます汗

当のひさくんはオールラウンダーです。

実はドラム叩けるし、ベースでバンドに入るときもあれば、歌わせれば甲賀忍法帖キメるし。ギターはとにかく指が動くし。フレーズセンスが良い、、。レコーディングの腕なんてメキメキ上げてるし。

堀田もドラムは引き出し多くて、エイトビートがとにかく気持ち良いし。ギターもベースも弾けるし、自分がボーカルでバンドやっちゃうし。最悪NSCぶち込んどけば何とかなりそうなキャラ。

しかも2人とも曲も作れる。

マルチタレントに囲まれて僕は生きているんですね。現在作詞作曲の中心は僕だけど各パートの力量の差は弁えているので、助けて貰ってます。

 

そんでもって。僕をボーカルとして立たせてくれている上で、やはり自分が特化しないといけないのは歌で。色々歌ってカバーをやったり、なかなか動けない状況を逆にスキルアップの時期にしたいと思っているのです。ナルトの螺旋丸修行みたいな。

 

昔から目立ちたがり屋で、陸上やってた時は長距離走なんて地味だから、ラスト一周で腕の握りを短距離走のフォームにして追い込みが強いキャラ演出してたりしました(あんまり意味なかった。むしろたまたまレース観てくれていた社会人駅伝で高名な元コニカミノルタの選手に君あれおかしいよって指摘されたし)

 

今回は、NOHALAを始めてから意識し始めたダイナミクスを課題に、バラードは優しく。ぶちかますところは、数年前から身につけた引っ掛けて「グォォ」とエフェクトをつける声に磨きをかけて(ボイトレ用語は知ったかになりそうなので、感覚で書きます)最早スクリームとかも曲に取り入れたら、最高だろうと練習を始めました。教材はチェスターベニントン。あれ以上の鬼はもう出てこないんじゃないかって思う。

世界一のボーカルはデイヴグロールとFinさんとこの前ツイートしたけど笑

2人とも僕とは全く楽器が違うから。かといって、チェスターなんて最も規格外なんだけど。昔チェスターっぽい高音出るってお世辞でも何でも褒められたから、間に受けた結果です。

 

少し話が逸れますが、野球を観るのが好きで。昔石井一久というピッチャーがおりました。

有名な人ですけど、知らない人のために雑な説明を。

石井選手は剛球荒れ球ピッチャーとして有名で、要するに球はめちゃくちゃキレてるし速いけどノーコンてことです(失礼)

当時の打者に石井は当てられそうで怖いからやりたくないって言わしめたそうな、、

https://matome.naver.jp/m/odai/2138554556150342101

これたまーに読むんですけど、「カッケー、、」って。人格者でありながら持ち前のセンスだけで闘う男というか。半端なくおこがましいんですけど、生まれつき高い声が出て、抜ける声って自負はありつつも、不安定でまだまだな僕の歌と彼のピッチングスタイルを重ね合わせて。。自分の長所に自信を持って磨きをかけ、そいつで一生闘える人間になりたいって常々思ってます。名言まとめにも書いてあるけど、技術が全てじゃないからね。というかシビアな解釈で行くとプロというものは、技術は当たり前。その上で突出して輝るものがなければダメな世界だし。

目指す歌唱スタイルはズバリ必殺荒っぽい火の玉ストレート!

 

今日も「R.I.Pチェスター」と念じながら喉をゴーゴー唸らせています。

曲も少しずつ温めているので、諸々の活動と一緒に見守って頂けると嬉しいです!

夢分析について。

最近は夢を観るのが楽しみだ。

それが何かを暗示してるって信じたいから。
スピリチュアルは好きじゃないし、否定された考えかもしれない。

天国のフロイトユングさんよ。
正直今の自分自身が自分では分からないだけです。

 

一昨日は八王子まで歩いてた。長ーい一本道で恐らく野猿街道かな?線路沿いだったしな。そしたらいきなり浅川の河原で戦争が始まった。拳銃とアサルトライフルと小型のランチャー的なものを持たされて。何人か殺して怖くなって逃げた。茂みに隠れたんだけど、追っ手がきて撃ち合いになった。そして起きた。

 

昨日は小学校にいた。合併して廃校になった母校。大人の身体で体操服と赤白帽を着さされて、サッカーをやっていたっけ?そしたら初めて付き合った女の子がやって来た。だから、校庭から抜け出して、玄関で2人で話しながらタバコを吸っていた。何故だか先生が通り過ぎるたびに怒られないかビクビクしていた。その子はずっとやっていたバスケで実業団入ったって言ってて、そうなんだ。偉いねと返した。そして起きた。

 

起きたら必死に記憶を逃さないようにメモする。そしてググる。この夢がどんな意味か。

スクロールしてあなたは疲れていますって項目を無理矢理見つけ出して何故か安心する。


知ってる。慰められたいだけなんだ。
頑張ってるよ。休んだ方が良いよって。

俺は追い詰められてるって認められたいだけなんだ。

俺は自分が可哀相だって思いたいだけなんだ。

だから凄惨な夢を観ることにすがっているんだ。

 

メンがヘラってる訳ではありません。

誰でも弱気になるときはあるし

決して負けたくないけど、でも決して潰れたくないし、いざとなったら僕、逃げ足は速いけど。

自分、甘えてるんじゃねえぞってことです。

今日書き殴ったこの詩がいつか歌詞になってカウンターパンチを浴びせることが出来れば御の字です。

 

11月は1本だけ。11/30に新宿アシベでやります。f:id:RAY_NOHALA:20191106013659j:image

ライブだと打って変わって陽気なので安心して話しかけて下さい笑

予約はこちらから出来ますので是非!

https://analytics.twitter.com/mob_idsync_click?slug=AQX4mR7mN0&idb=AAAAEIAN8DxRauiT9kdxJnfgRhPhVNaSsjBAGs3xqQG6UdV38Unq0VQa148ZkFkOhw6oq6eoBol34VduRr-UQrn3n3t0G9EULdjnEHCrgutcvBrnWYAWM_5TvpHu44BbSt4HhHO0QCitsT0aa4WsPecktMOllReR&ad_tracking=true&tailored_ads=false

 

RAY

Lost Ship On a Smooth Sea

ご無沙汰です。RAYです。

昨年12月に始めたこのブログ。今回で何と記念すべき10回目です!毎月一回は更新していたのだけど、7月に一回も書けずに穴が空いてしまったのが唯一の心残りではありますが、元々寝られない夜の憂さ晴らしで始めたものがとりあえず3日坊主で終わってないのは僕にとって文章を書くことが数少ない趣味の一つだってことの証明になった気がします。

趣味は大切だと思います。良い逃げ場になるから。僕も思い返せばこのブログであんまりバンドのことについて書いてないです。

4月に今のメンバーになってから始めてリリースした新曲「Daywalker」を発表したときも、伝えたいものがすごく多くて胸に情熱的なものが渦巻いていたにもかかわらず、何にも「Daywalker」について書いてないです笑

どうなんでしょう。ライブで熱っぽく自分の子供のように曲について語るわりには、ここで書く気にはならない。(気になっている方はライブに実際来てもらえれば、僕があなたに背景含め「Daywalker」を全て伝えます!)

でも、あえて憂さ晴らしとか趣味とか割り切って始めたブログが実は規則正しい生活に目覚めた(というかそれを余儀なくされてる環境に身を置いた、、)今も続いているということは、140字で伝えるには瞬発力のない僕が思ってることを伝える1ツールとして利用しているということにはなります。「書かないとおかしくなりそう」「外の世界とバランスが取れない」等々少し危ないモチベーションが僕を作曲と掻き立てるのですが、このブログも原点は多分同じです。何か書かないとおかしくなりそう、、みたいな。

だから本気ですね。このブログにおいても。僕は何事においても。うん。QED

 

前置きが長くなりましたが、今回は趣向を変えて、その僕のNOHALAのこれからについてです。

先日発表しました2大ニュース。

まずはEP発売決定!!

NOHALA on Twitter: "🔥重大発表①🔥 【新譜】 『Lost Ship On A Smooth Sea』 8/31柏DOMeのライブより発売開始! Track ・Lost Ship On A Smooth Sea ・Xing ・Lost&Found ・Summertime 2019 ver ¥1000… https://t.co/RW0YksXvLg"

f:id:RAY_NOHALA:20190806231607j:image

ジャケットもシンプルでイカしてるでしょう。トラックリストを見た人の中で昔から僕の音楽活動を気にかけてくれている方々はお気づきかもしれません。そう、このEPは再録集です。

去年の今頃、新しくギターひさくんとベースノラを迎えてスタジオで曲やってた頃。2人ともJACKASS時代の曲(僕が昔やっていたバンド。曲のNOHALAもその頃からあったので、前身バンド的存在ですね)をもっとやってもいいんじゃないかと言ってくれて、堀田もやろうぜってなって。「いいんすか、、?」みたいになって。しかもひさくんに関しては、JACKASS時代の曲の方が好きと言うし笑

ライブでも結構好評で、、これはリリースして昔から聴いてくれていた人に僕の成長と、メンバーチェンジによる楽器のアレンジの変化。今のNOHALAでのレシピを楽しんでもらい、最近NOHALAを知った人には僕らの「代表曲群」として認知してもらうしかない!という流れに至りました。メンバーのおかげです。感謝です。8/31から発売開始なのでお楽しみに。

もう一つのニュースはこれ!

NOHALA on Twitter: "🎉重大発表②🎉 【レーベル加入決定】 8/1より新たにRAINBOW 7 RECORDS(@R7R_poppunk)に加入することが決定致しました! 今作をひっさげ9/6のレーベルイベントに挑みます! ご予約はHP又はDMにて📬 https://t.co/qMxPPRbUZn… https://t.co/UQe3Tq7ZP7"

f:id:RAY_NOHALA:20190806233050j:image

8/1をもちましてRainbow 7 Recordsに加入致しました!Rainbow 7 RecordsはSEPTALUCKのボーカルFinさんが社長のレーベルです。僕のリスペクトするボーカリストの1人です。お誘いを頂いて決断した理由はそれに尽きます。

このブログでも色々書けるようにレーベルの一員としてしっかりやっていきたいです。宜しくお願いします。

f:id:RAY_NOHALA:20190807005205j:image

9/6に府中フライトにてデビュー戦なるレーベルイベントがあるので是非!

NOHALA Official Home Page - NOHALA Official Home Page

 

最後に今回リリースするEPのタイトルについて

「Lost Ship On a Smooth Sea」

意訳すると「穏やかな海に浮かぶ難破船」

同題名の曲もこのEPのために書き下ろして収録しています。

まず個人的な観点。ブログを始めてからの8ヶ月。僕の生活には変化がありました。

朝寝て夜起きるのをやめました。

現実逃避してきたことを認め、しっかりこの眼で今までやってきたことと、これからを見つめることにしました。色んなことを無駄にしたように思えるし、惨めな気持ちになることもあります。中退することも、しっかり通うことも出来なかった学校にフルで通って、勉強もしました。その中で興味を抱くことも一つや二つあって、何で今までそれに気づかなかったんだ。と虚しくなることもありましたが、感傷に浸る暇なんて無いことも悟りました。

この日本で自分を決して悲観的に見ずに本当に自分がやりたいように生きるしかないと感じました。

この醒めた気分。形は違えど、EPの曲を初めて書いた頃とそっくりに感じています。

例えばバンドマンが持つ。辛いって感情。厳しい生活。プレッシャー。それは僕としてはそんなもんアピールすべき代物じゃないと思う。それでもって続けていること。それをアピールし続けられれば良い。でもそれは決して簡単なことではない。辛いことは辛いんです。

これは皆も同じだと思います。別に日々命の危険と隣り合わせではないだろうし、食べるものがない訳でも決して無いとしても。辛いと思うんです。生きることは。

でも「仕事、学校が辛い、、」「死にたい、、」

なんて声に対する世間の声なんて

「じゃあやめちまえよ」「死ねば?」

それだけかもしれないです。

f:id:RAY_NOHALA:20190807002310j:image

photo by reina(@_reinya_)

自分にとって嵐の遭難劇に思える日常も、周りから見ればのどかな海にポツンと浮かぶ小舟のようなものかもしれない。心無い言葉が行き交うかもしれない。でも、どんなのどかな海にも闘いはある。

昨日8/6は広島に原爆が落とされた日。そういうことがあったことを決して忘れてはならない。嵐が吹き荒れていたことを決して忘れてはならない。

でも、日々の小さな闘いも充分しんどいし、大変なんだろう。僕はいつも自分に対して穏やかな海に浮かぶ難破船のようなイメージがありました。自分で舵を取っていかなくてはならない。そういう厳しさは日々にあると思うんです。だから2年越しに昔の曲をしっかり前向いて歌いました。最初は自己満足に過ぎないと思われるかもしれない(応援してくれている人には響いていると胸張って言えます)でも、今こうして僕の周りにある小さな輪が大きくなり、いつか顔も知らない人の小さな救いになることを祈り。やっていきます。

少し例えがシリアスだったかもしれませんが、要するに少しでも大きくなって、「どうせ自分なんて、、」みたいなこと言ってるガキを蹴飛ばしてやりたいだけなんです笑

これからもNOHALAの応援宜しくお願いします!ではまた!

 

RAY